オリジナル GT(ジーティー) 2019年モデル AIR (エアー)[ジャイロ無し][フリースタイル]-その他

























スポーツ車はご予約をオススメします

ご利用ガイド
安心組立パーツ無料取付防犯登録万が一のための盗難補償

この自転車にはスタンドが付属していません。こちらのスタンドを一緒に購入いただければ、適合スタンドを取り付けてから出荷いたします。







■GT


トリプルトライアングルがアイデンティティ―のGT。 BMXから始まったその歴史はMTBを経てオフロード用のスポーツバイクを得意とするブランドになりました。 ワールドクラスのレースに数多くのモデルを投入しており、開発力の高さからMTBではそのジャンルをリードするブランドとして位置づけられています。 近年ではMTBで培った技術を生かしグラベルロードの分野でも他にはない魅力的な自転車を生み出しています。




■BMX


BMXの競技の一つ、フリースタイル。フラットランド、パーク、ストリート、トレイル、ヴァートの5種類に分けられる。中でもフラットランドは他の4種目と比べて競技スタイルが異なるので、専用設計されたフレーム、パーツで構成される事が多い。




■AIR/エアー


低コストのフリースタイルバイク
エアーは、スキルを研ぎ澄ませたいフリースタイルライダーのための、低いコストで高い信頼性を目指したBMXだ。コストは道具やトレーニングの時間に費やそう。




■ 【特長】









■ 【スペック】

●フレーム: GTFSデザインフレーム、ハイテンスチールチューブ、DTガゼット、アメリカンBB、シートステイマウントUブレーキ、外装1-1/8″ヘッドチューブ、リムーバブルロータータブ、オデッセイスプリングフィールドブレーキ互換
●フォーク: GT FSデザイン、ハイテン鋼2ピースコラム&テーパード、31mmオフセット、3/8″アクスルドロップアウト
●リム: アルミニウムシングルウォール、20″、36穴
●ハブ: (フロント)スチールボディ、ボール3/8″x150mm加熱処理アクスル、36ホール、15mmナット、(リア)スチールボディ、ボール、14mmアダプターx180mmアクスル、9Tカセット、36穴、17mmナット
●スポーク: ステンレス、14g
●タイヤ: Innova、20x(フロント)2.3″(リア)2.2″リア
●ペダル: GT Low Profile FS Platform デザイン、PP 素材、Boron アクスル
●クランク: GT性能シリーズクロモリ170mm3ピース19mmx8Tクロモリスピンドル、GT25Tスチールチェーンホイール
●ボトムブラケット: アメリカンボールベアリング
●チェーン: KMC Z410
●ハンドル: GTフリースタイル2ピース、スチール、8.375″Hx28″W、3°Up、11°スウィープ
●グリップ: GTスーパーソフト155mmシングルコンパウンド、GTリムーバブルプラグ
●ステム: NewGTトップロード、1-1/8″、冷間鍛造キャップ、32mmライズ、40mmレングス
●ヘッドセット: 1-1/8″ スレッドレス、スチール
●ブレーキ: アルミニウムU-ブレーキ、ソフトコンパウンドパッド
●サドル: GTサドル
●シートポスト: スチール 25.4 x 200mm
●シートクランプ: 内蔵クランプ




■ 【ジオメトリ】




オリジナル GT(ジーティー) 2019年モデル AIR (エアー)[ジャイロ無し][フリースタイル]-その他

結婚する時、私たち夫婦は新居として3LDKの建売住宅を購入した。
友人Aは隣の町に一戸建てを建てた。
っていうか、正確には建ててもらった。(旦那さんの親に結婚祝いとして、らしい)

互いの家を行き来するたびに「建売ってあちこち不便じゃない?」とか
「色々安っぽいしあんまりマイホームって感じしないよね」とか軽くdisられていたが、
当時の自分たちには分相応だと思ってたので、多少不愉快ではあったけど
まぁ余所は余所って感じでなるべく気にしないようにしてた。

続きを読む

オリジナル GT(ジーティー) 2019年モデル AIR (エアー)[ジャイロ無し][フリースタイル]-その他

非常に不愉快な内容かも知れません。

7年か8年ぐらい前にmixiやってた頃、
学生時代に仲が良かったグループで招待し合ってマイミク登録していた。
そのグループは6人のうち4人が結婚や就職で地元を離れているので
ネット上で昔のように遊べることを楽しんでいた。
が、ある時AとBが激しくぶつかった。
Bが子供がいなくて専業主婦であるAを馬鹿にするような発言をし、
それに対してAが冷静に反論した。(ちなみにBは独身)

続きを読む

このページのトップヘ